きゆら工房チクアミ日記

あみぐるみ・ぬいぐるみ作家の北山メル主宰のきゆら工房から情報発信します。NPO法人日本ぬいぐるみ協会アーティスト会員です。

展示会に向けて

今後、日々の実作状況や、製作過程で思ったことなどを、日報、というわけじゃないですが、「Daily」というタグでちょこちょこ書いていこうかと思います。

 

 

このところのきゆら工房は、年末年始の展示会に向けて、作品作りに励む毎日です。

あみぐるみ製作では一般的でも、私が今まで使っていなかった手法を使ったり、模様を一工夫したり、きゆら工房生まれのあみぐるみたちが、少しでも進化するようにあれこれ考える毎日です。

あみぐるみを見て「これはどういう柄なんだろう?」と海外の方が思ったとき、伝わるようにちょっと説明書きを加えようと思い、英語で文化を伝えられるように勉強も開始しました。

真意が伝わるように使用語句を工夫するつもりですが、何せ固有の文化って、時には理解されないかもしれません。

それはそれでいいかなーとも思っています。

また、幸い理解していただいて、見た人の脳内で爆発的に変換されてとんでもないものになっていく、というのもありだと思います。

みなさんの目にとまって、みなさんがいろいろ感じるところまでが作品だと思っています。

 

広告を非表示にする

World Amigurumi Exhibition参加のお知らせ

ニューヨークで開催されるWorld Amigurumi Exhibition(世界あみぐるみ展)に参加します!

世界中の方々にきゆら工房のあみぐるみをご覧いただくということで、今からワクワクです(*´-`)

今年で4回目の開催で、きゆら工房は初出品です。

 

毎年テーマ作品を1品以上出すことが必須なのですが、今回のテーマは「Daily Life」。

しかも、「Okan Art」=オカンが作るような日用品、というテーマなんですよ!

あみぐるみは、英語でも「amigurumi」。

つまり、日本発祥のアートです。

「オカンアート」と言っても、「母」という縛りではなく、日本の全女性の手作り作品という意味合いがあるようです。

もちろん参加するアーティストは日本人だけではなく、昨年は30カ国以上からアーティストが参加しているので、いろんな国の「Okan Art」のインスピレーションやテイストがあるでしょう。

大変楽しみなテーマです。

きゆら工房は、テーマ作品をどのようなものにするか、もう決めています。

世界中にあるものだけれど、「そうきたか!」的な日本的なもの、世界が知る日本をアイコンにする予定です。

 

また、テーマ外の自由作品でも、日本らしい特徴を取り入れたあみぐるみを出品予定です。

国内では、全国3都市を巡回する「あみぐるみコレクション」に出品予定ですし、国内外の展示会で、作る側としてもとても勉強になる秋冬になると思います。

 

World Amigurumi Exhibitionは2017年12月11日〜2018年3月31日まで、ニューヨーク・ロングアイランドのRESOBOXにて開催予定です。

 

 ミトくんイギリスへの旅

冒険プロジェクトのミトくんが、イギリスのパラ馬術大会見学の旅に行ってきました。

プロジェクトのブログで詳細を書きたので、ぜひお読みください!

 

ameblo.jp

 

f:id:kiyurakobo:20170412095312j:plain

www.nuigurumi.jp.net