きゆら工房チクアミ日記

あみぐるみ・ぬいぐるみ作家の北山メル主宰のきゆら工房から情報発信します。NPO法人日本ぬいぐるみ協会アーティスト会員です。

ミトくん、温泉でひたすらゆっくり。

ぬいぐるみさんの応援ストーリー ボクらの冒険プロジェクト」で、旅するぬいぐるみの一員であるネコのミトくん。

きゆら工房生まれです。

 

f:id:kiyurakobo:20170706170644j:plain

ミト「今回はママとパパとで旅をするよ!」

 

はい、温泉にプチトリップです。

中央フリーウェイ、調布基地(今は調布飛行場)もビール工場もずっとずーっと追い越し、もうちょっと西に行くよ。

最初のSA、談合坂でお昼ご飯でした。

談合坂名物は「すた丼」というお肉がいっぱいのスタミナ丼ですが、あまりに多いので、私たちは親子丼を注文。

が、しかし、それも結構な量で、お腹が破裂するかと思いました。

 

f:id:kiyurakobo:20170706170659j:plain

ミト「お山がキレイなの」

 

ホント。日本アルプス関東山地がとてもキレイです。

途中、ちょっとだけ富士山も見ました。

 

ミト「お家から見る富士山よりも、ずっと大きかったね」

 

日本一ですからね、なんせ。

 

雨にも降られず、順調にドライブは続き、目的地にあっという間に着きました。

 

 

f:id:kiyurakobo:20170706170842j:plain

諏訪湖です。

上諏訪温泉にやってきました。

 

ミト「白鳥さんのお船があるよ!」

諏訪湖の遊覧船ですね。

あとで乗りましょう。

 

 

f:id:kiyurakobo:20170706170713j:plain

ミト「和室なんだよ」

 

温泉旅館なので、和室が多いです。

洋室もあるし、ユニバーサルルームもありますよ。

 

温泉は露天風呂もあって気持ちよかったです〜。

諏訪湖や山々が一望できます。

画像をご披露したいところですが、さすがにね。

 

車椅子の方も、貸切風呂にいらっしゃっていました。

もちろん介助者がついての入浴ですが、受け入れ態勢が整っているのはうれしいですね。

 

夕食は諏訪湖が堪能できる旅館内のレストランで。

f:id:kiyurakobo:20170706170834j:plain

ミトくんにお品書きを持ってもらいました。

 

ミト「美味しかった〜!お腹いっぱいになったよ」

 

どれも本当においしかったです。

八ヶ岳安曇野など、地元の食材をふんだんに使っていました。

実物のお料理は、ご当地に訪れて、宿泊してごらんください( ´艸`)

 

そして翌朝。

f:id:kiyurakobo:20170706170851j:plain

ミト「おはよう!お天気いいよ」

 

前日よりも諏訪湖がキラキラしていましたねー。

本当にさわやかな朝です。

もちろん朝風呂に入りました。

 

そして朝食。

f:id:kiyurakobo:20170706170901j:plain

こんなメニューでした。

特に自家製豆腐が本当においしかった!

まだアツアツでした。

 

周辺を散歩したあと、館内も探索。

f:id:kiyurakobo:20170706170918j:plain

ミト「由緒ある神社なんだって」

諏訪といえば、御柱祭諏訪大社が有名ですが、手長神社も歴史ある神社です。

「三乃御柱」の一部が展示されていました。

 

www.omiyasan.com

 

f:id:kiyurakobo:20170706165957j:plain

ミト「バリアフリーだね!」

 

ロビーには軽く段差がありましたが、ちゃんと横にスロープもありました。

 

ミト「ボクもうれしいよ」

 

ミトくんは、ちょっとした段差は上がれますが、やっぱりこの心遣いはうれしいですよね。

足の不自由な人以外でも、高齢者や小さなお子さんにも優しい、ユニバーサルデザインです。

 

 

そんなステキなお宿は、諏訪湖眼前にある「双泉の宿 朱白」(そうせんのやど・すはく)でした。

f:id:kiyurakobo:20170706170821j:plain

ミト「ボク、とても気に入っちゃった。パパ、ママ、また来ようね!」

 

はい、また来ようね。

本当にのんびりできました。

 

前は早春の頃に来て、今は初夏。

次は紅葉の頃に来てみたいです。

電車が割と好きな私としては、スーパーあづさで来たいな......( ´艸`)